「ばっ!!やらかした!」ことへの恩返し

サクラキノイエのシャチョーは元は歌手。

しかもLAで。


高校卒業して渡米し 8年頑張って日本へ帰ってきました

日本では大手の企業でちらりと働いてみたこともあるようですが

その時のことを「暗黒の時代」と呼んでいます笑


熊本を出てから熊本に帰るまで

いろんな想いがあったことと思います


もうそれだけで色々話を聞いてみたくなりますが

興味のある方は

よくサクラキが開催している女子会(次は9/27)で根掘り葉ほり聞いてみてください←


それから出産を経て サクラキノイエを立ち上げました。



自分で経営をするということは 先輩も先生もいません

今も昔も 情熱がガソリンです


自由で気楽なようにも見えますが

時に方向が分からなくなった時に指針となるものや

指導してくれる人がおらず

自分が全てを決めるということが怖くもあるものです



その道のプロに 手取り足取り教えてもらえるなら

ミスなく分かることやスムーズにいくものが

そうならないこともあるわけです



だからお客さまに教わってきました


不快な思いをさせてしまったり怒らせてしまったりする方もいました


「ばっ!やらかした!」ってなるお客さんもいました


そんな方を思うと、申し訳なくて申し訳なくて

もう2度と 誰にも同じ思いをさせることのないようにしたいと思ってきました

こんなもんじゃないと思ってやってきました



やからしてしまったそのお客さまは

もうサクラキに戻ってきてはくれないかもしれないけど

そんな方のおかげで 今があります


今来てくださるお客様を大事にしたいのは 大失敗があるからこそ


本当はお客様全員、100%の方に気に入っていただきたいし

お友達にこのお店を自慢したい!

と思っていただきたいですが

そうでない方への恩返しは いい店になること


もう戻ってくることがないとしても



ってこんなようなことを

言ってました、シャチョー


カメラマンのたまごの あやかちゃんに熱く語ってました

だから 先輩がいるうちにしっかり学べるのはラッキーだと熱く熱く語ってました



「お客さまから教わってきたよね!!お客様に育ててもらってるよね!!」

ってはちどりphotoのカメラマンと鼻息荒く語り合いました



これを読んだ方の中には

「それわたし!」と思われる方がいるかもしれません


そうです、あなたです


何年後か明日か、

「この店はこうやって私が育てたのよ!」

と思ってもらえたら嬉しゅうございます



その時には ぜひまた懲りずに遊びにいらしてくださいね

SAKURAKI no ie

毎日頑張るママやパパたちに思いっきりくつろいでほしい そんな想いから ママやパパ目線の 保育園レストラン作りました

0コメント

  • 1000 / 1000